工場勤務

Pocket

日本の製造を支える工場勤務

 
  • 冷暖房完備の工場?製造ラインの最終工程の組立、加工関係ならありますが、
    大半の工場は夏は暑く冬は寒い。しかも製品のために閉鎖され湿気が高く蒸し暑いと思います。
 

私は工場勤務の夏は屋内という空間にも関わらず、防虫防塵などの対策として閉鎖的な空間が多いと思っています。そう、風が通らないから送風機を設置していても設備が邪魔をして蒸し暑い箇所があると思います。しかし仕事なので逃げることは許されません。しかも大抵重機などの作業が関わっていると思います。猛暑日なのに危険からの防護のためにヘルメットをかぶり職務内容によっては真夏でも冬服の長袖の丈夫な生地で着用しなければならなかったりとするなかで年々増していく気温に対して確実な汗対策を意識することでなるべく涼しい状態を作り、汗どんどん吸収してアセモなどの湿疹を避けて行かなければなりません。

そして、外に出た瞬間に気になる自分のにおい。家でシャワーを浴びた瞬間に立ち込める汗のにおい。

さて一番においが気になるのはどこですか?
  1. ヘルメットの中は常に蒸し暑く汗がこもりっぱなし。
  2. ワキとシャツの汗のにおいとシミ。
  3. 安全靴という革靴の通気性の悪さ。
この3点をしっかりと抑えることです。

夏だから…猛暑だから…というのは皆同じです。しかしそれを理由に手を抜いてしまっては勿体ないことです。皆同じだからこそ、そこで差をつけるチャンスでもあるのです。
このチャンスを活かせるように暑いからこそ、汗だくになる猛暑だからこそ汗対策を常に意識しなければなりません。

 

その対策ひとつで他の人よりもシャキッ、っとした行動がとれ冷静な判断ができ安全にも繋がるのです。安全な状態を維持することが生産・品質とつながっていくのです。

 

そしてポイントは

  1. ヘルメットの中の汗対策
  2. 作業着の下のシャツの見直し
  3. 安全靴のなの通気性の確保

の3つになります。

工場勤務における汗対策へ

(8割の人が☆5つ)最強の制汗剤

ヘルメットのムシムレ対策のススメ

汗対策のシャツのススメ

ワキアセ対策のススメ

汗の吸収・速乾のススメ

靴の足ムレへの改善のススメ

ヘルメットないのむし蒸れ、暑さ対策

 

スポンサ