汗の知識

Pocket

汗の役割を知る

汗対策といっても汗をかくということは人間が生きていくためにとても大切なものです。

 
  • 汗は体温調節をしている。
 

気温が暑いと体温が上昇します。すると脳からは皮膚の汗腺から汗を出すように刺激をするように指令が出ます。すると皮膚の穴から汗がでてその汗は蒸発していきます。

またその汗は99%が水分でできているために蒸発するさいに気化熱という現象で体の熱を同時に奪っていきます。それにより体温を下げることで夏の暑い中でも体温を一定に保とうと調整しているのです。

 

汗には2種類ある。

 

 
  • 良い汗とは「サラっとタイプ」「サラサラタイプ」
サラサラしたタイプの汗は
アルカリ成分が少ないために結晶がほとんど水に近く、汗をかいても乾きやすく同時に蒸発もしやすいために体温調整も素早く行える
また酸性なので皮膚の表面に最近が繁殖しにくい状態のために、においが少なく(においにくい)、汗としては良質な汗と言っても良いと思います。

 

 
  • 悪い汗とは「ベタッとタイプ」「ベタベタタイプ」
ベタベタしたタイプの汗は
体が酸素不足のときは体内に乳酸が発生します。その乳酸には汗腺でアンモニアを増加させる性質がありますので、においのある汗(においやすい)となります。また、サラサラタイプとは逆でアルカリ性が強いために細菌が繁殖しやすく、もともとにおいやすい汗が更ににおうようになってしまうのです。
そしてこの汗はベタベタしている(濃度が濃いために)、乾きにくいために体温調整もしにくいベタベタしているために不快な思いばかりしてしまう悪い汗と言うべきものです。

 

1 1

 

 汗対策

 
 

 

 

スポンサ