ヘルメットのムシムレ対策のススメ

Pocket

 

このページではヘルメットでの勤務をされてる方に・・

 

夏の恐怖・ヘルメットの中の湿気対策

 

現場作業員の命を守るヘルメット。
あごひもを締めて作業中は外すことが許されないこの保護具の着用を疎かにしたことによる事故事例は毎年報告されています。しかし昨今の連日続く猛暑では逆 にその暑さで倒れてしまう方もいると思います。と、なるとヘルメットのなかも汗まみれになります。そしていくら汗が流れてこようとヘルメットを外さない限 りはジメジメした状態が長く続くと思います。

 
  • ヘルメットないの環境を整えよう
ヘルメットに穴を開けてしまいたい。普段からヘルメットを着用していればそう思ったことは何度もあると思います。一日二日なら我慢できるものも夏の間ずっと着用するには気持ちのよいものではありません。ですが穴を開けてしまえば安全面で問題が出てきます。

そこでオススメしたいのは、インナーの着用。これを最初着用するには勇気がいります。ヘルメット自体で暑いのにそこに帽子をかぶるようなものですから。しかし、この着用の有無で汗の吸収速乾性は変わってきます。

汗を吸い取らせるために着用をおすすめします。

しかしヘルメット専用のものはあまり種類がなく効果もいまいちな気がします。

そこで私がオススメしたいのはバイクのヘルメット用のインナーです。 バイクのヘルメットは中が発泡スチロールになっていてそこに布いちまいを貼ったところが頭と触れるようにできています。作業用のヘルメットよりも隙間がなく通気性はほとんどありません。しかし走行すれば小さな穴が開いているので通気性も確保できますがその機能を飾りではくきちんと発揮するのはある程度の高級なもの以上であとは飾りのようなものです。

 

しかし、長い歴史の中で安全と通気性と吸水速乾性を培い、さらにファッショナブルに薄く仕上げているバイク用インナーはコンパクトでオススメの逸品です。これは私がバイクに乗っていたために気がついたものです。

 

そして次は額パッドです。額からの汗をすぐに吸収することで少しでもヘルメットないに汗という蒸気が行かないようにします。

 

この2点が主にオススメです。そして最後に強制冷却として私が使用している方法があるのですが、効果は高いのですがヘルメットの安全を失うことに繋がるかもしれないのでこのページの一番したに記しておきます。自己責任でお願いします。

 

1
1

 

最後にとにかくヘルメットないの暑さに参っている人にはこんな方法もあります。

小さい保冷剤をハンドタオルでくるんで入れるのです。大きいものだと入れづらかったりあまり厚くなるとヘルメットに何らかの衝撃が加わったときにヘルメットと頭のベルトとの空間がないと保冷剤が直接頭に当たり衝撃がくると思うので安全面はそこなわれると思います。

ですので小さいタイプで縦につながっているものだとタオルでくるんでヘルメット一周巻くことができます。

気温30度のとこでヘルメット一周巻いたときは4時間ほど効果がありましたので2セット分あるとほぼ一日使えます。(凍らせたペットボトルと一緒においておくと予備が溶けにくいです)

 

こんなのがおすすめです。

 

 
 

 

スポンサ